QGISのポータブル版をダウンロードできます。
なお、利用できるのはWindowsのみです。

<ダウンロードファイル>

QGIS3.16(LTR)
バージョン3.16.5.1 64bit版 (700MB) 2021/03/24作成 ダウンロード

QGIS3.18
バージョン3.18.1.1 64bit版 (700MB) 2021/03/24作成 ダウンロード

※ポータブル版では、スタンドアロン版のすべての機能が利用できる保証はありません。
※このポータブル版には「NirCmd」は含まれていません。(下の説明を参照)


<インストール方法>

ダウンロードしたファイルを展開して、「OSGeo4W」フォルダをハードディスクやUSBメモリのルートに保存してください。フォルダ名に日本語が含まれると、起動できません。


<アンインストール方法>

インストール時に作成したフォルダを全て削除します。


<起動方法>

 展開したフォルダ内にある「qgis.bat」をダブルクリックすると、起動します。初めの起動は、設定ファイルなどを作成するため、時間がかかる場合があります。
 Dドライブの直下に「OSGeo4W」フォルダをコピーした場合は、ショートカットファイルの同梱していますので、ショートカット「qgis-ltr」ファイルをデスクトップなどに置くと、起動しやすくなります。


<プラグインなどのインストール先>

 プラグインや、設定情報は、Cドライブの「ユーザー」フォルダに保存されます。
「C:\Users\【ユーザー名】\AppData\Roaming\QGIS\QGIS3\profiles\default」
 「AppData」フォルダは隠しフォルダになっていますので、確認したいときは、隠しフォルダを表示してください。


<ポータブル版を作成するのに参考にしたWebサイト>

 このポータブル版を作成するのに参考にしたWebサイトは次のGithubリポジトリです。
QGIS_portable_3x https://github.com/pigreco/QGIS_portable_3x


<「NircCmd」について>

 「NirCmd」とは、QGISに含まれるインストール用のファイルですが、ウイルス対策ソフトに検知される可能性があります。
 QGISで使用している「NirCmd」には全く問題がありませんが、検知されることで業務などでの利用に問題が出る場合があります。そのため、このポータブル版ではQGISを安心して利用するため、「NirCmd」を削除しています。

  • 2020年5月14日前後に、トレンドマイクロの製品で検知されるという事がありました。


<旧バージョン>

QGIS-OSGeo4W-3.10.10-2-Portable-x86_64.zip

QGIS-OSGeo4W-3.14.16-2-Portable-x86_64.zip